プラスチック食品容器の種類と特徴

プラスチック食品容器には、とうめいなもの、油や熱に強いもの、植物などを原料としたものなど、種類が色々あるんだ。

ポリスチレン容器(とうめいで硬い)

 

 

ポリプロピレン容器(熱や油に強い)

 

 

PET容器(とうめいで強い)

 

 

バイオマスプラスチック容器(植物などを原料としている)

 

 

発泡プラスチック容器(軽くて断熱保温性に優れている)

発泡プラスチック食品容器には空気が多量に含まれている(2~10倍発泡)ため熱を伝えにくい性質があり、保温性、保冷性に優れています。
詳しくはこちら